電子タバコを利用することのメリットデメリットとは?


電子タバコってそもそもどんなもの?

電子タバコは、通常の紙タバコと違って水蒸気を利用したタバコのことです。紙タバコはライターやマッチを利用して火をつけるのに対して、電子タバコは電気によって生まれた熱を利用しています。大きく分けて2種類の電子タバコがあり、ニコチンやタールが少量含まれているものと全く含まれていないものがあります。有害な物質が含まれていない電子タバコもあるので、禁煙をしたいと思っている方にも最適です。

電子タバコのメリット

電子タバコのメリットで一番に上がってくるのが紙タバコのような強烈な臭いを軽減できることではないでしょうか。紙タバコの場合、副流煙などで周りの人にも大きな害をもたらしますが、電子タバコはそれが少ないと言われています。また、紙タバコに比べて有害物質を大幅に減らすことができるとされているので、健康面に配慮して紙タバコから電子タバコに乗り換える人も大勢います。

電子タバコのデメリット

電子タバコを利用することのデメリットは、加熱するための機会が必要になることです。紙タバコの場合はライターとタバコ代で済ませることができますが、電子タバコは加熱用の機械とタバコ代、電気代がかかってしまいます。また、1日に1箱吸うようなヘビースモーカーの場合は、紙タバコのような吸い応えを感じることができないことも多く、電子タバコにしたけど紙タバコに戻ってしまったという方も少なくありません。

電子タバコと紙タバコどっちがいい?

結局電子タバコと紙タバコどってがいいのか迷ってしまう方もいますよね。結論としては、臭いと健康面のリスクが気になる方は電子タバコがおすすめで、吸い応えやタバコの香りを楽しみたい方は紙タバコがおすすめです。どちらにもメリットデメリットがあるので、好みに合わせて選びましょう。

vapeのタバコフレーバーにはたくさんのフレーバーがあります。定番のメンソールやフルーツ系やスイーツ系、ドリンク系のフレーバーも人気です。