電子タバコの特徴とリキッドの種類について


電子タバコの特徴とは?

電子タバコは、様々な味や香り(フレーバー)のリキッドを加熱して、気化させた蒸気を吸引する機器のことを言います。一般的な葉巻タバコとは異なり、葉を燃やすわけではないため、人体に有害とされる物質が発生しにくいと言われることから、国内でもその人気は高まってきています。リッキドに用いられる素材にはいくつかの種類がありますが、いずれも日本で流通しているのは安全なものばかりですので、安心して利用することができるのです。

リキッドの種類について

国内で流通している電子タバコの機器は複数の種類があり、それぞれに応じたリキッドが販売されています。同じブランドのリキッドであっても、様々なフレーバーのものが用意されていますので、はじめのうちは色々試してみて自分の好みに合うものを見つけるようにするとよいでしょう。気に入ったフレーバーのリキッドを吸い続けるのもよいですが、気分に応じていくつかのリキッドを使い分けるというのもお勧めです。なお、機器ごとにリキッドが発売されているとはいっても、特定の機器向けのリキッドを他の機器で使用することは基本的に可能です。そのため、どのブランドのリキッドを購入するかについては、それほどこだわる必要はないでしょう。

また、リキッドには、主に10ml、15ml、30mlの3つのサイズがあります。一番小さい10mlのサイズだと10日間ほどでなくなってしまいますが、大きめの30mlのサイズだと1か月ほどは持たせることができます。そのため、同じリキッドを長く楽しみたければ大きめのサイズを、定期的に味を変えたいということであれば小さめのサイズを購入するのがお勧めです。

ニコチンリキッドとは、電子タバコの中でも、ニコチンを含むものとして販売されているものです。紙巻きタバコと違い、タールが含まれておらず、自身でニコチンの量も調節できるため、禁煙への第1歩になり得ます。