屋上緑化!始める前に知っておきたい基礎知識


防水と積載荷重について

屋上緑化にすると多くのメリットが得られため、検討している人は少なくありません。しかし闇雲に行ってしまうと、建物を傷める原因になるので、最低限知っておきたいことがあります。中でも重要なのが防水についてです。人によっては、水が染み出さなければ良いだろうと考えているかもしれませんが、それだけでは不十分です。理由は植える植物によっては、根が防水シートを突き破る可能性があるからです。そこでシートではなく、防水塗料を使用する、あるいは板を敷いて補強するなどの工夫をすると良いでしょう。また屋上緑化をする場合、土や植物が必要ですが、それらが多くなるほど建物にかかる荷重が増えていきます。積載荷重を超えると建物が倒壊する恐れがあるので、どの程度の重さに耐えられるのかを、事前に建築家に確認しておきたいです。

水やりと排水と落ち葉

屋上は日当たりが良く風通しが良いため、乾燥しやすいです。そのためこまめに水をやらなければ、すぐに枯れてしまいます。ただいちいち階下から水を運んでくるのは大変なので、屋上に蛇口を設置するようにしましょう。屋上の広さにもよりますが、できれば二箇所以上にあると便利です。そして屋上緑化には、排水溝の位置が重要です。設置場所を間違えると、水溜りができてしまい、そこから雨漏りが発生してしまうのです。そのような事態を避けるためにも、水の流れを確認しながら屋上緑化をしていくと良いです。他にも落ち葉が詰まって排水できないといったことを防ぐために、ネットを敷いておくと安心です。

屋上緑化とは、ヒートアイランド現象などの環境対策として建物の屋根や屋上に緑を植えることを指します。植物により建物に日光が直接当たらないため、ひび割れなどの劣化を防ぐというメリットもあります。